料金か見た目か、目立たない歯の治療を考える時

料金か見た目か、目立たない歯の治療を考える時

むし歯を放置してしまうと

どれだけ気を付けていても虫歯になってしまうことがあって、初期の頃に治療を受ければいいのですが、何となく面倒、怖いと躊躇している間に進行してしまう場合が多くあります。そして神経に問題が出てしまうと、削る個所が大きくなる、抜かなければいけなくなるといった治療法になって、被せものや詰め物、人口歯の必要性が出てきます。ただ問題は銀歯だと安いけれど見た目が悪く、セラミックやインプラントは高額になるということです。

白い歯に憧れがあるけれど

むし歯になって歯に詰め物をする、人工の歯を入れる時に、必ず尋ねられるのが材質についてです。健康保険の適用内でできる銀歯は安価なのが嬉しいですが、見た目に悪くいかにもむし歯の治療をしたということが分かってしまいます。では白い歯にはできないのかというと、セラミックがおすすめになりますが、こちらは保険の適用外でかなり高額になります。ただ白く自然の歯とほとんど変わらないので、見た目には美しく、選びたいものとなります。

高額ですが試してみたいもの

そしてもっとも歯に近いものとしてインプラント治療がありますが、これは保険の適用外、しかも手術を伴う大変なものとなってきて、悩んでしまう人が多いのです。一度施術してしまえばほとんどトラブルがありませんし、消耗も少なく、見た目も本物の歯と同じようなものなのでコンプレックスがなくなります。ただデメリットはあまりにも高額であることがあげられて、さらに定期的なメンテナンスも必要となってくるので、悩ましいものとなっています。

歯のセラミックの料金はセラミックの種類によって異なりますがおよそ8万円から15万円ほどです。そして1年から10年の間に破損した場合は補償で直してもらうことができます。